読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウンジの日記帳

大学生です。趣味:音楽、バスケなど

これで解決!誰でも実践できるミスをなくす方法!『雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜』

 『雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜5月9日(火) 11:17〜 朝日放送で『ミス』をテーマに調査していたので概要を紹介していきます!

 

 ミスというのは誰にでも起こりうることですが小さなミスが積み重なると大きな失敗につながります。今回はそもそもミスとは何か、そしてミスのなくし方を紹介します

 

f:id:yutaso1234:20170510003355j:plain

続きを読む

EDC japan 2017 感想:【動画あり】マーティンギャリックスの新曲!perfimeとヤスタカの共演!?きゃりーのサプライズ登場も!!

 

 4/29〜4/30 2days 幕張メッセで行われた EDC japan に行ってきました!初めてのEDMフェス参戦でした!一言でいうと最高でした!!ラインナップもかなり豪華!!

 

                              f:id:yutaso1234:20170501105826j:plain

                                 f:id:yutaso1234:20170501110148j:plain

ステージ自体は4つあるんですけど主に kenetic FIELD で楽しみました。帰りの便の関係で2日目はYELLOW CLAW で帰らないとダメだったのでアフロジャック、アーミン、Axwellは見れませんでした(泣)それでも大満足でした!

今回のEDCは初めての日本開催だったので雰囲気が正直気になるところでした。Ultra Japanが開催された時もyoutubeでこんなコメントがありました。

外国人ノリ真似ようとしてるけど日本人がそれをやること自体きもいって事に気付かない馬鹿が多いな。純粋に音楽を聴きに行ってるのかカメラに映りたいのかヤリチンヤリマンの集まりなのかはわからないけどクソ気持ち悪いわ。 

 こういうのはマジでやめて欲しいと思ってました。実際に行ってみたら客層が3つに分かれてました。

・純粋にEDMが好きそうな人

・日本に来た外国人(6〜7割がアジア系)

・ただただ騒ぐパリピ軍団

何しに来たん?音楽聴きに来たんじゃないん?て聞きたくなるようなパリピ日本人はいましたが、いろんな客層がいたので全然雰囲気は大丈夫でした。

f:id:yutaso1234:20170501124951j:plain

人混みは凄かったけど、笑 まあ楽しんだもん勝ちですね!!!

 

 ・Martin garrix

1日目のトリを飾ったマーティン・ギャリックスが1番盛り上がりました!

f:id:yutaso1234:20170501125712j:plain

 

 Martin garrix の未発表曲と思われるものがこちらです。Martin garrix - ID

youtu.be

 ZOZOマリンスタジアム会場全員が立って踊りました。この光景は非日常でした。

 

中田ヤスタカ

中田ヤスタカのプレイ中にサプライズできゃりーぱみゅぱみゅが登場しました!

youtu.be

f:id:yutaso1234:20170501131851j:plain

実は僕最前列で見てました。そしてパリピだったそうです。さっきパリピのことディスってごめんなさい。

Perfume TOKYO GIRL

スクリーン上ですが中田ヤスタカperfumeが同じ画面に映っているのはなんだか不思議です。

youtu.be

 

2日間のEDCを通じて

・sunnery james & ryan marcino

・chace

はもともと知らなかったんですがライブがめっちゃ面白かったのでまた聞いていこうと思います。

部活をやめたいと思った時に頑張れる曲

 

 部活って最後まで続けた方がいいと思うんです。だって最後の方になってやっと部活に入って良かったと思える出来事が絶対あるから。それまでは上手くいかないことがほとんど。上手くいかないうちにやめてしまったら、頑張った分のリターンが少なすぎます。

 とは言ってもめちゃくちゃしんどい。練習しんどいわ先輩から怒られるし本番活躍できないし。僕は中高でバスケ部でしたが現役の頃は常日頃やめたかったです。そんな時に踏ん張るきっかけをくれた曲がいくつかあったので今日は紹介します。

 

続きを読む

the chainsmokers 最新アルバムで感じた違和感

チェインスモーカーズ最新アルバムレビュー「Memories...do not open」 

グラミー賞受賞や3曲同時Billboardトップ10入りと今最も波に乗っているザ・チャインスモーカーズ。4月7日にアルバム「Memories...Do Not Open」が発売された。日本でもiTunesでアルバムチャートトップになり、また僕自身彼らの音楽を好んで聴いていたためアルバムを早速聴いてみることにした。

f:id:yutaso1234:20170410015241j:plain

 かなりの期待を寄せてアルバムを通して聴いた。だが全部聴き終えての感想としては「うん〜、まあ予想どおりかな、、。」なんていうか心に刺さる要素が全くなかった。完成度自体は高かった。特有のポップEDMで世界観も統一されていて全体として聴きやすかった。自分の期待していた通りのクオリティーであった。にも関わらず満足できなかった。その理由としては「期待に応えすぎた」点である。 

そもそもチェインスモーカーズの一番の魅力ってなんだっけ? 

 彼らの代表曲として「closer」がある。今では13億回以上の視聴回数を誇る。この曲のようなポップとEDMを絶妙に融合させたスタイル自体に魅力を感じている人が多いかもしれない。しかし彼らの一番の魅力は「目新しさ」にある

 f:id:yutaso1234:20170410015257p:plain

歌詞にクラブの会話をあからさまに入れた「#SELFIE」ガッチガチのEDM路線から一気にポップ要素を取り込んだ「roses」強烈なトラップの「don't let me down」彼らは常に新しい音楽に挑戦し賛否両論が湧きながらも曲を大ヒットさせてきた。closerもその中の一つであり、恋人同士の掛け合いをポップEDMのイケてるメロディーに乗せて歌ったことの目新しさが大ヒットを生んだのである。チェインスモーカーズは次々と「いい意味で期待を裏切ってきた」のである。

 しかし今回のアルバムはColdplayやEmily Warren, Jhene Aikoなど様々なアーティストが参加しているものの曲調は過去のものとほぼ同じであった。

最初からすでに既聴感がある。一番の魅力である目新しさがそこにはない。

マーケティングの考え方として顧客満足の式がある。「顧客が感じた価値ー事前期待値=顧客満足」である。顧客が気づかない価値を提供しろよ!という感じの理論であるがこれをアルバムに例えると期待値と感じた価値が同じだったのである意味0点だったということになる。きれーに裏切りませんでした。

でも本当にそれぞれの曲自体は本当に繊細でよく作られている。彼らの世界観が好きな人たちには是非聴いてほしい。僕は次はいい意味で期待を裏切ってくれることを期待したい。